鍵屋でセキュリティレベルを向上させよう|ladyも安全な環境を

種類について

普段私達が何気なく使っているドアノブですが、大まかに分けて二種類のものがあります。昔から使われていてドアと言うと一番にイメージされるのが、握り玉タイプです。手で握りやすい丸い部分が付いていて、回転させることによりドアが開くようになります。そして、最近増えてきているのがレバー式のものです。力を入れなくても回しやすいというメリットがあり、デザインも豊富で室内のドアなどに良く利用されています。ドアノブもやはり年数が経ってしまうと壊れてしまったり、部品が劣化することがあるので、そのような時にはドアノブ修理を依頼するのが良いでしょう。ドアノブ修理の専門の業者がしっかりと原因を突き止めてくれて、スピーディーに対応してくれます。

玄関や浴室、トイレや居間など、家の中には数々のドアノブがあります。普段はあまり気にしていない方もいらっしゃいますが、やはりドアノブにも寿命があります。どのくらい持つかはドアノブの種類や使い方によっても違いますが、約10年程度と言われています。ドアノブの異変に気が付いたら、すぐにドアノブ修理を業者にお願いするのが得策です。何となくドアノブが回しにくいとか回すと変な音がする、少し錆びているなどの状況で無理して使い続けていると、さらに状態が悪くなってしまって、ドアノブ修理にも時間と費用がかかってしまいます。ドアノブの異変を感じたらすぐに専門業者にお願いして、しっかりと修理してもらうのが大切です。簡単な部品交換ですむ場合も多いので、初期段階で修理してもらうのが良いでしょう。